【完全版】絶対にペニスを大きくするサプリランキング

 

男性のペニスは、誰でもそこそこ大きくなっていて欲しいと思うものです。そして、男性のペニスは、大きくすることができるということが知られています。まず、男性のペニスが大きくなる仕組みを見ていきながら、色々な男性のペニスを大きくしていく方法について見ていこうと思います。どの方法も、確実に大きくなりますので、試してみて下さいね。

男性のペニスが大きくなる仕組み

男性のペニスが大きくなる仕組みは、男性のペニスは海綿体というもので出来ています。この海綿体に血液が流れることで、男性のペニスが大きくなります。海綿体とは、血管の集まりなのです。

つまり、男性のペニスに流れる血流が良くなれば、男性のペニスは大きくなるということになります。

男性のペニスは、勃起すると、大体、1.5倍から2倍くらいの大きさに大きくなります。勃起すると、女性の中に挿入しても、抜けなくなるので、セックスがうまく行くようになります。

その勃起するというのは、勃起中枢というところから、勃起するように指令が起きてきます。この勃起中枢というのは、副交感神経になります。ですから、リラックスしているときに、男性のペニスは勃起します。リラックスするということがとても大切になってくるのです。

勃起するには、2種類の方法で勃起します。一つは、脳が興奮している中枢性勃起というものです。こちらの勃起は、脳が興奮している限り勃起をし続けます。そして、もう一つが物理的な刺激による勃起で、反射性勃起といいます。この反射性勃起は、刺激が無くなると勃起しなくなります。

勃起した状態で、大きな男性のペニスになるというのがどうしたらいいのか見ていくことにしましょう。

男性のペニスを大きくする色々な方法

男性のペニスを大きくする方法は、色々あります。まずは、全体的に見ていきましょう。その中でも特におすすめなのが、増大サプリを飲むことです。おすすめする理由としては、短期間で成果が確実に表れるからです。デメリットとしては、お金がかかるということになります。
次の方法としては、オナニーをするということがあります。オナニーをすることでも、男性のペニスが大きくなります。メリットとしては、お金がかからないこと。デメリットとしては、長時間かかるということがあります。
その他の方法としては、チントレと言う方法があります。男性のペニスが大きくなるためのトレーニングを行っていくというものになります。メリットとしては、無料で行うことができますが、やはり、デメリットとしては、効果が出るまでに時間がかかるということがあります。
次の方法としては、食事による方法があります。男性のペニスが大きくなる栄養を取って大きくするという方法になります。この方法は、メリットとしては、健康的というメリットがあります。デメリットとしては、大量に食べなければならないということがあります。
最後の方法としては、手術による方法があります。手術によって、男性のペニスを大きくするということができます。メリットとしては、短期間で確実な効果が出てきますが、デメリットとしては、お金がかかることと、失敗するリスクがあるということになります。手段としては、最終手段にすると良いでしょう。

増大サプリで男性のペニスを大きくする

一番おすすめする方法としては、増大サプリを飲むということになります。増大サプリは、医薬品ではないので、副作用などが無く安心して飲むことができます。食事を取って栄養を取るような安心感で利用することができます。

増大サプリメントの何が良いのかというと、食事ではなかなか取れない、男性のペニスを大きくする栄養を取ることができるという点にあります。

まず、シトルリンという栄養素があります。このシトルリンというのは、血管を拡張したり、血流の働きを良くするということがあります。先ほど書きましたように、男性のペニスは、海綿体という血管の集まりで出来ており、ここの血流が良くなると大きくなります。

ですから、シトルリンを取ることで、男性のペニスは大きくなるのです。

次に入っている成分としては、アルギニンがあります。このアルギニンも血流を良くする効果があります。さらには、男性ホルモンを多く分泌させる効果があります。男性ホルモンが多く分泌されるとより男性らしくなり、男性のペニスが大きくなるのです。

ですから、このシトルリンとアルギニンの入っている増大サプリメントを飲むことで、男性のペニスが大きくなるのです。

増大サプリメントは、本当に効果が出るまでの時間が短いので、飲んでいて、実感することができます。

そして、食事でも栄養は取れるのですが、その量が少しです。必要なシトルリンを取ろうと思ったら、スイカ500gを毎日食べなければならないのです。

ですから、増大サプリメントがおすすめです。

チントレで男性のペニスを大きくする

チントレと呼ばれる男性のペニスのトレーニングをすることで大きくすることができます。時間はかかりますが、確実に大きくなります。

まず、一つ目が、男性のペニスをひっぱるということをします。勃起している状態で行っていくことで、男性のペニスにある海綿体が伸ばされて、大きくなっていくのです。

この引っ張るという方法は、とても簡単にできるので、勃起したときに行ってみましょう。

次の方法は、圧迫トレーニングになります。男性のペニスを圧迫させることで、海綿体を広げることができ大きくなります。やり方としては、まず、右手の人差し指と親指で、亀頭の部分にひっかけます。そして、左手で、男性のペニスの根本に圧力をかけます。そして、そのまま、左手で根本から亀頭めがけて絞っていきます。あまり、強い力でやると男性のペニスが傷ついてしまうので、強くやりすぎないようにしましょう。
この上下を10回から20回行ったら休憩します。これを毎日やっていくことで、男性のペニスが大きくなります。

このように、男性のペニスを引っ張ったり、圧力を与えたり刺激することで、大きくすることができます。オナニーをするときに、やってみて下さい。

ミルキングの方法で男性のペニスを大きくする

チントレの方法として、他にミルキングという方法があります。この方法は、牛の乳しぼりのように、男性のペニスを絞っていくという方法になります。
まずやり方としては、男性のペニスを半勃起させます。そして、男性のペニスの根本を親指と人差し指で握り圧力をかけます。この後に、中指、薬指、小指と力を入れていきます。乳を搾るようにしていきます。この動作を、10回から20回繰り返して、休憩をします。

ポイントとしては、半勃起した状態で行うということです。完全に勃起はさせません。また、男性のペニスの根本から、亀頭に向かって、乳を搾っていくことで、血流を亀頭に行かせます。

おすすめの方法としては、ローションを塗ってミルキングを行うということをします。ミルキングを行って、乾いてきたらまた、ローションを塗るということをしていきます。

ローションを最後には、洗い流すので、お風呂の中で行うのがおすすめになります。

以上が、男性のペニスが大きくなることについて書いてきました。おすすめは、増大サプリメントを飲むことですが、一緒にチントレをするのも相乗効果があがるでしょう。

確実にペニスを太くする方法!ペニスはめちゃくちゃ太い方が◎

ペニスを太くする方法については、昨今出回っているサプリメント類がその商材となっていますが、ここでは、ペニスを太くするという文化的な背景から説明します。
つまり、家庭を守るということは、ペニスが太くあることと、関連があるのです。

ペニスが太いという事

ペニスが太いというのは、そのスタイルとして、褒められるたぐいのはなしです。
つまり、ペニスが太いというはなしでの、女性からの評価もあり、男性陣としてもうらやましいという事象になります。
ペニスを無理やり太くしようとしても、通常はできない要素になりますが、実際常時太い状態をキープしていると為ると、それは健康体であるとの認識が広がります。
これは、勃起中枢とは関連性があまりないはなしでもあり、勃起中に太さをキープできるというはなしでもあります。
よく漢方などでの太さをキープするというものがありますが、それは、普段の状態で太さをキープするものと、とっさの機敏な状態としての勃起を維持するものとに分かれます。
ですので、常態要素としての太さがある時点で、緊急対応としての勃起としてはたらくことがあるわけです。
もちろん、その太さの喜ばれる相手は奥さんというものですが、太さをキープしているということは、勃起中枢も豊かというものになります。

ペニスが太い存在感

ペニスが太いという存在感に関しては、たしかに女性がこのむという話があります。
これは、女性としてのいやらしさを含むものとして捉えられがちですが、女性の本能の側からすると、それは子孫を結ぶために必須のことでもあります。
ペニスが太いということでの、女性からの評価と、存在に対する畏敬はありますので、男性陣の中での下手な自慢話といううって変わっているのです。
つまり、存在感としての太さは、男性の肉体の筋肉量と併せて、ペニスの太さとしての力量が示されるわけです。
その存在感としての認識は、男性から見た女性の乳房の大きさというものにも例えられます。
やはり、異性を見るときの一つの要素としての存在感は、ペニスの太さによって表されることがあるのです。
ペニスの太さはじっさい脱いでみないとわかりませんが、表向きのパントのあたり方から、察するということがありますし、それは、女性側からすれば、将来の殿方としての存在感を示してくれると映る訳です。
このペニスの存在感に関しては、肉体の関連性があり、それだけでの結婚生活というのはおかしなはなしです。
ですので、ペニスの太さは結婚の要素の中のひとつとして、捉えられるべきでしょう。

ペニスが太いとどうなる

ペニスが太いと、どうなるかについては、その動作が必要な時に示されます。
つまり、配偶との接触の際に、希望を持てる作用を及ぼしてくれるのです。
これは、ペニスが太いイコール次の世代へつないでいくという意味になりますので、ペニスが太いということは、生命力の強さを示すかたちになります。
ペニスが太いということで、シングルライフを送る方であれば、それが多少の自慢にもなるかもしれません。
ただし、一般的に自分のことを自嘲的に表現するのが主流ですので、普通は自分のものを公にするはなしはありませんし、本当ではないでしょう。
しかし、ペニスが太いという事象は社会現象の中において、女性側からの興味の的となり、その女性陣の噂話は、男性にはうまく聞こえないような仕組みになっています。
ですから、女性から好かれようとおもうのであれば、男性側の力量に関しても磨いておくことが必須に為るのです。
ペニスが太いということが、男性の誉れとなるのであれば、そのペニスを太くする方法があれば、やってみたいところです。
これは、健康体であることを目指す結果として、たくましくなる要素があり、身体に病気がないということで、達成できる仕組みになります。
つまり、ペニスを太くするには、健康体になる必要があるのです。

ペニスが太い結果

ペニスが太い結果として、その子孫繁栄という象徴になりますので、主婦の側からすれば、自身の亭主がそれであってほしいと願うのは当たり前でしょう。
ペニスを太くする方法は、至って、自身が健康になる以外にはないのですが、家庭にとってみれば、その結果としての子宝というかたちになります。
つまり、ペニスが太いということは、自身の力量というものですが、結果としては家庭のしあわせというものが、その未来にあるのです。
ですから、ペニスを太くしようとして努力することは、家庭への愛情ですし、シングルであるなら、将来の生活のためであると言えます。
ペニスを太くするという実際の手ほどきは血流が増大して、内臓が元気であることが条件になります。
つまり、健康であることを条件にして、ペニスが太くなりますし、その結果として、子孫のはなしがあるのです。
実際に自身の活動によって、生まれた子供であるなら、その愛情もひとしおでしょう。
ペニスを太くする方法としては、その家庭を愛する重要なはなしとして、展開されなくてはなりません。

ペニスの力量での出産

ペニスの力量というものは、その太さで明示されます。
ペニスが太くたくましければ、その性行為においても、充分な満足があるでしょう。
この満足は夫婦の絆として、とても重要なはなしになります。
ペニスを太くするには、その栄養学の観点からも指摘されることは多くあり、食事からして、健康的な飲食を心がけていなくてはなりません。
食事におけるペニスの太くする方法というのは、将来的に健康な子供を授かるという意味になりますので、普段の食事から、アミノ酸にこだわった食事をとっていなくてはなりません。
海の魚や、海藻類を多く摂取して、その出産に備えるのです。殿方のDNAとしても、その出産には重要な出来事となりますので、事前に行為の前から、整えておく必要があるのです。
これは、性の発散として捉えられがちな、ペニスの太さですが、実際はその内容の重要さを物語っています。
その重要さは、強靭なDNAにあり、その事前段階として、健康体であることは、家庭の幸せにつながるというものです。
その外観としても、女性側からは評価の対象ですので、ペニスを太くしておくことは、家庭を愛する上では非常に重要なこととされて良いのです。
実際、しっかりとした愛によって生まれた子供は強くあります。

ペニスが太いことは奥さんにとって

ペニスが太いことは、奥さんにとってみれば、非常にありがたいことになります。
これは、男性側からみて、女性が性の対象として映るという意味のたとえだけではないのです。
女性側からすれば、夫のスキルはそのまま家庭の幸せに繋がります。
男性の側からしても、ペニスの太さの結果として、強くたくましい子供が出産に与ることになれば、その幸せの対象として、大きな存在を示すのです。
ペニスを太くする方法としては、その奥さんが性的魅力に満ちていなくてはならないという余談もあり、奥さんとの共同生活において、ペニスを太くキープしていくというのは、若い家庭の目標とされるものでしょう。
つまり、若さをキープし、家庭の将来に対して希望を持ち続けるためには、ペニスを太くキープすることと関わっているのです。
これは、性の対象としての女性側からの見方があるのを事実とすべきですが、より将来に希望をもった家庭を築くという意欲からも生じてくるのです。
つまり、男性側から、将来の家族計画をとなえることが可能であれば、それは奥さんにとっても、たいへん喜ばしいことなのです。
そして、そのペニスを太くするということは、エロティシズムの表現というよりは、男女の幸せのことを指しているべきになります。

 

絶対にオススメ!増大サプリの決定版

ペニスの大きさに悩んでいる人はけっこう多いと思います。
まずやるべきことは、ペニスに必要な栄養素を体に与えてあげるということです。
ペニスの増大に必要な成分といってもいろいろあります。
それらの成分が適度に配合されているサプリが最も効果的に働きます。
今回は増大サプリについて紹介していきたいと思います。

増大サプリを選ぶ基準

増大サプリといっても、巷にはさまざまな商品が売られています。自分に本当必要なサプリを選ぶことは、けっこう悩みますよね。商品の多さだけではなく、どの商品も魅力的なうたい文句、宣伝がされています。なのでその効果をしると「あれもこれも・・・」となってしまうと思います。こういうときには商品を選ぶ基準というものを知っておけば、迷う心配もありません。では基準とはどういったものなのでしょうか?最も大切なことは、「自分の体に合った増大サプリであるかどうか」という点です。たとえば知人が良いといって勧められたからとか、世間で人気があるからとか、こういうきっかけで商品を選んでしまうことはよくあると思います。ただ、この方法がまったくダメというわけではありません。第三者が勧めている、良いと言っている以上、その商品は一定の価値、効果はあるということも十分に考えられます。しかし、いくら第三者による評価が良いとしても、自分の必要とするところに合っていなければ、製品の効果、価値を十分に感じとることはないでしょう。サプリによって精力をアップさせていくという点はでは同じでも、求めている成分や細かい結果などについては、個人個人で異なってくるのです。このことを考えると、単に第三者の意見を受け入れるだけではなくて、自分の体と相談してみることも、やはり欠かすことができないのです。ですから、まず自分が精力アップといっても、どういったニーズによって増大サプリを求めているのかを決めて、基準がブレないようにしなければいけません。

増大サプリの主成分とは?

増大サプリに含まれている主成分として有名なものが「シトルリン」と「アルギニン」です。この2つの成分が配合されている増大サプリを選ぶことは必須です。逆にこの2つの成分が配合されていないサプリはオススメできません。「シトルリン」とは、スイカの種から発見された必須アミノ酸で、ウリ科の植物に多く含まれていて、食物から摂取することが出来ます。アミノ酸の状態で体内に多く存在していて、オルニチン回路の中にアンモニアから尿素をつくる過程で重要な役割を果たしています。体内のシトルリンが増加すると、アルギニンが増えて体内の一酸化窒素の濃度が上昇します。この一酸化窒素には血管拡張作用があるため、体内に摂取することによりペニスへの血流量増加の効果が現れ、勃起力の改善が見込まれます。また血流が改善されることにより、乳酸やアンモニアといった疲労物質が素早く排出されるので、疲労軽減にも効果があり、抗酸化作用も期待できるとされている成分です。アルギニンを直接摂取するよりもシトルリンを摂取した方が効果的にアルギニンを増加させることができるので、シトルリン摂取により優れた勃起力の改善効果が期待できます。「アルギニン」はアミノ酸の一種で塩基性アミノ酸に分類されます。脳下垂体に作用して成長ホルモンの分泌を促し、たんぱく質合成を促進することが大きな役割です。またオルニチン回路の過程で一酸化窒素を排出し、これが優れた血管拡張効果をもたらすためペニスの機能改善にも効果が期待できます。またアルギニンには動脈硬化の予防や免疫機能の向上も効果が期待できるとされています。シトルリンの一日摂取量の目安は800mgとされているので、これより多い量を摂取できるか否かで、その商品の効果が決まってくるでしょう。

増大サプリを選ぶ際に気をつけること

増大サプリでも、選ぶにあたって重要なポイントがあります。それは国内で製造、販売されているかどうかです。よく格安で増大サプリが売られていることがあります。消費者心理として安い商品を選びたくなるものです。しかし、そういう商品は大抵、海外製です。実は海外製の増大サプリには、日本では認可されていないような成分が含まれていることがあり、その安全性は実証することができません。効果の面から、配合されている成分が海外のものであることは多くあるので、その点は心配ありませんが、製造が国内でされているかどうかは確認すべきポイントです。思わぬ副作用や、危険な成分が配合されていたり、そもそも日本人の体には合わないサプリであることが多いのです。なので効果が実感できないことも多くあります。ぜひ国内製造、販売であることを確認して、たとえ海外製の商品が格安でも手を出さないように気をつけましょう。

増大サプリと精力剤の違いについて

増大サプリと精力剤はよく混合しがちだと思います。この2つは似てはいますが、多少異なる部分があります。精力剤とは、主に加齢などにより精力が減少した男性のための性機能増強のための「薬」のことであり、性ホルモン分泌を促進させるものや、滋養強壮の効果が見込まれるものです。主成分としては、性ホルモン補充のためのメチルテストステロンや滋養強壮剤のタウリンなどが配合されています。精力剤は医薬品に分類されるのでm薬局などで購入することができます。薬理作用を含むため、多少の副作用が生じる恐れもあります。対して増大サプリは、ペニスに自信がなかったり、勃起力が低下している場合に、ペニスを増大させる効果が見込まれる「サプリ」です。主成分として、アルギニンやシトルリンといった天然由来の成分が含まれていることが多く、薬理効果はないので、医薬品としては分類されません。あくまで補助効果を見込むサプリメントで、薬局などでは購入することは難しく、ネット経由で購入することになります。また薬理効果を持つ成分が含まれていないサプリメントなので、副作用が起こる心配もほとんどありません。このように、増大サプリと精力剤は似ていますが、根本的に「サプリ(補助食品)」と「医薬品」という違いがあります。

オススメの増大サプリ

ネットなどで人気のある増大サプリを3つ紹介します。まず「ヴォルスタービヨンドブラスト」1箱12800円。これは今最も人気がある増大サプリと言ってもよいでしょう。シトルリン、アルギニンの量がナンバー1です。勃起力にも効果があり、総合面ですべてにおいて効果のあるサプリです。「ヴィトックスα」シトルリンの量に特化した増大サプリです。2箱で12800円(1箱あたり6400円)ということもあり、価格の安さが魅力的です。初心者でも購入しやすい点も支持されています。「ペニブースト」1箱8200円。シトルリンの量が1日1560mgと業界最高クラスです。2箱同時購入で1箱サービスになり、1箱5333円と価格も安くなるところが支持されています。増大効果と価格のコスパがよい商品です。

増大サプリは毎日飲んでこそ効果があります。とにかく継続することが大前提です。即効性を求めてはいけません。あくまで薬ではなくサプリメントですので、継続して摂取し、徐々に効果を実感していきましょう。薬ではないので即効性はありませんが、増大効果が現れると持続していきます。薬のような一時的な効果ではなく、体全体からペニスを増大させていきます。ペニスは急激には成長しません。このことを認識しておきましょう。正しい認識のもと、増大サプリを飲んでペニス増大に励んでいきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です